【嫌われる勇気】アドラー心理学で「自責」「自由」「幸福」を考える

 
けんちゃんです。
 
 
 
今回は、2013年のベストセラー
「嫌われる勇気」をもとに目的論と人間関係について考えます。
 
 
 
今でも人気なので、アドラー心理学の考え方は本当に求められている考え方なんだよなと強く実感している本です。
 
 
 
 
フロイト・ユングとならび、心理学の三大巨頭と称される、アルフレッド・アドラーの思想を「青年と哲人の対話篇」という物語形式でまとめた一冊です。
 
 
自分の考え方に大きく影響を与えた本で、特に「自責」マインドというか、ビジネスマンとして必要な考え方を教えてくれる本です。
 
 
 
言葉はシンプルで、物語形式で読みやすい本です。
ただ、扱われている概念は一回読んだだけだとすっと理解はしにくく、結構難しく感じます。
 
 
 
 
専門的なアドラーの考え方よりも、自分が惹かれた言葉を軸に自責であることや重要な目的論の考え方などをまとめていきたいと思います。
 
 
 
 
とても読みやすい本なので、ぜひ手に取ってみてください!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【自責論】人は常に「変わらない」という決心をしている 

 
 
 
 
 
今の現実は、過去の自分が選択をしてきた結果です。
今のライフスタイルを選び続けることも、新しいライフスタイルを選ぶことも、自分の責任。
 
 
 
厳しいことのようですが、本気で生きていく上では向き合わなければならない考え方です。
 
 
 
楽と安心の現状のままにいるか。
勇気を出して、「このままのわたし」から変わろうとするか。
 
 
 
 
人間は楽と安定に流れます。
 
今の自分というもの不満を持っていても、変わろうとしないのは変化を恐れる気持ちの方が強いからです。
 
 
 
動機が明確で、変わるんだという勇気がないと、
人間は簡単には変化することができないというわけです。
 
 
 
 
 

可能性に逃げていないか? 

 
 
 
 
 
こういう考え方をしていないですか?
 
 
 
時間さえあればできる、
環境さえ整えばかける、
自分にはその才能がある・・・
 
 
 
自分が可能性を含む存在であることを否定する必要はないけれど、行動しない原因・判断を後回しにしてしまう理由として「可能性」を利用していたとしたら危険。
 
 
可能性に生きるという目的のために、現実を変えていく変わらないための手段になっていないか?
 
 
これは、自分に対して問うべきことです。
 
 
 
それと同様に過去に引っ張られ続けるのも、逆の方向で逃げています。
 
過去が悪かったから、今が悪くてもしょうがない。
過去・環境のせいなんだ。自分は悪くない。
 
 
 
こういう考え方だったら、変化に対してポジティブに向き合うことなんてできない。
 
 
 
これまでの人生になにがあったとしても、今後の人生を生きるかについてなんの影響もありません。
 
 
 
変化することはものすごい勇気がいります。
 
 
 
自分のエネルギーもめちゃくちゃ使う。
けど、こういう過去や未来に縛られて今を生きていないことの方がよっぽど不幸なことじゃないかと思います。
 
 
 
 

【目的論】現実が変わらないのは、勇気の問題

 
 
 
 
 
人が変われないのは、変化に対して怖がっているからです。
 
 
 
現実が変わらないのは、勇気がないから。
勇気がなくて、変わらない選択をしている。
 
 
 
全ては、勇気の問題であると、主張しています。
 
 
 
以下の哲人の喩え話は、
自分の心にものすごくぐさっときました。。。
 
 
 
求職のために履歴書を送り、面接を受け、何社も不採用になる。
自尊心を傷つけられる。
そんな思いをしてまで働く意味がどこにあるのかわからなくなる。あるいは、仕事で大きな失敗をする。
自分のせいで会社に巨額の損失を出してしまう。
目の前が真っ暗になって、明日から会社に行くのも嫌になる。
これらはいずれも、仕事そのものが嫌になったのではない。
仕事を通じて、他者から批判され、叱責されること、お前には能力がないのだ、この仕事に向いていないのだと無能の烙印を押されること、かけがえのない「わたし」の尊厳を傷つけられることが嫌なのだ。
 
 
 
全ては対人関係に紐づく「自分」の問題だと言えるわけです。
 
 
 
 
「お前の顔を気にしているのは、おまえだけだよ」
 
この状態に縛られているんだなと、改めて思いました。
 
 
 
 
 
 
 

アドラー心理学は、「自分を変えるため」の心理学 まず、「自己受容」を目指す。 

 
 
 
 
 
アドラー心理学は、「自分を変えるため」の心理学です。
それもとても道のりの長く、険しい道を進むことを求められます。
 
 
 
けど、それだけ難しいからこそ、
考え方を理解し、実践できるようになった人はめちゃくちゃ強いです。
成功している人は、ほとんどこういう考え方を実践を通じて身につけています。
 
 
 
後半は「共同体意識」や個人心理学など、結構難しい概念が登場します。
正直、こういう概念はまだ理解できてなくてよくて、徐々に実践の中で見えてくるものかなと思ってます。
 
 
 
そんなかでも、これだけは重視するべきだなと思ったのが「自己受容」という概念です。
 
 
 
 
自己受容。
 
 
仮にできないのだとしたら、その「できない自分」をありのままに受け入れ、できるようになるべく、前に進んでいくこと。
自らに嘘をつくものではないです。
60点の自分をそのまま60点として受け入れた上で、「100点に近くにはどうしたらいいか」を考えるのが自己受容。
 
 
 
交換不能なものを受け入れること。
ありのままの「このわたし」を受け入れること。
 
 
 
ほとんどの人が対人関係がうまくいかないのは、目の前で課題に見えるかもしれない例えば吃音や赤面症のせいではありません。
 
 
ほんとうは自己受容や他者信頼、または他者貢献ができていないことが問題なのに、どうでもいいはずのごく一部にだけ焦点を当てて、そこから世界全体を評価しようとしている。
 
 
それは人生の調和を書いた、誤ったライフスタイル。
 
 
 
 
自分を「行為のレベル」で受け入れるのか、それとも「存在のレベル」で受け入れるか。
 
 
これはまさに「幸せになる勇気」に関わってくる問題。
 
 
自己受容を理解・意識することは、この幸福になるための前提条件にかかわってくるめちゃくちゃ重要な概念です。
 
 
 
 
 
ありのままの自分を受け入れること。
 
 
 
本当の意味で大人になるというのは、これができるかできないかだと思います。
 
 
 
 
 
 

人生を「線」ではなく「点」で捉える。 

 
 
 
 
 
人生を登山のように考えている人は、自らの生を「線」としてとらえています。
 
 
この世に生を受けた瞬間から始まった線が、大小様々なカーブを描きながら頂点に達し、やがて死という終点を迎えるのだと。
 
 
しかし、こうして人生を物語のように捉える発想は、フロイト的な原因論にも繋がる考え方であり、人生の大半を「途上」としてしまう考え方
 
 
 
線として捉えるのではなく、人生はてんの連続なのだと考える。
線のように映る生は点の連続。人生とは、連続する刹那。
 
 
 
 
過程そのものを、結果とみなすこと。
言葉にするのは簡単でも、ここは本当に日々意識するべきポイントです。
 
 
 
 
以下は、本からの抜粋です。
 
 
 
人生は連続する刹那であり、過去も未来も存在しない。
過去や未来を見ることで、自らに免罪符を与えるな。
過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」にはなんの関係もないし、未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題ではない。
「いま、ここ」を真剣に生きていたら、そんな言葉は出てこない。
 
あなたがどんな刹那を送っていようと、たとえあなたを嫌う人がいようと、「他者に貢献するのだ」という導きの星さえ見失わなければ、迷うことはないし、何をしてもいい。
嫌われる人には嫌われ、自由に生きて構わない。
 
 
 
 
言葉にするのは簡単でも、アドラー心理学(個人心理学)は実践がものすごく難しいです。
 
 
けど、今を生きること/悩みは全て人間関係からきていることなど、日々直面している悩みや問題、モヤモヤに対して高い視座から捉える考え方を提供してくれる本です。
 
 
一回だけではなく、定期的に再度読み直してみると、今まで理解できていなかった用語や考え方がすっと入ってくるところがあったりします。この本は本当に一生付き合っていける軸の一つになるんじゃないかと思ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは続編です。
「幸福とは、貢献感である」を軸に、より具体的な課題に対して向き合っています。
 
 
 
 
 
 
 
この「嫌われる勇気」が生まれるきっかけになった、岸見先生のアドラー心理学入門書です。
 
扱われている概念や考え方がコンパクトにまとめてあります。
 
 
 
 
 
 
今回はこの辺で。
ありがとうございました!
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です