【ブレインダンプ】朝起きたらすぐに付箋に頭の中をさらけ出す

 
 
 
けんちゃんです。
 
 
今回は、「言葉にできる」は武器になるの実践です。
前段階にあたるブレインダンプについて書いています。
 
 
やることは、
付箋(A4用紙)を用意し、
5分程度時間を決めて、
願望・欲望をあげられるだけ書き続けること。
 
 
 
シンプルだけど、モヤモヤしていた時に
めちゃくちゃ役立つノウハウです。
 
 
 
 
 

ブレインダンプ(脳の大掃除)で、思考をクリアにする下地をつくる

 
 
 
 
 
ブレインダンプとは、
Brain(脳)の中の情報を投げ捨てる(Dump)。
 
 
 
簡単にいうと脳の大掃除です。
 
 
 
人間は毎日、ほとんど無意識でびっくりするぐらいたくさんの情報処理を行なっています。
 
 
インプットをめちゃくちゃ実施し、脳が疲れているのはその作業の労力が影響しています。
 
 
 
無意識に処理しているインプットした情報で頭の中が散らかってしまった状態だと、冷静に考えることができなくなります。
モヤモヤした感覚、ぼやーっとした頭でしか考えられなくなります。
 
 
 
 
朝、すっきりと脳がしているのはそういうインプットを夜睡眠してるうちに整理しているからです。
 
 
 
 
けど、自分の実体験で感じてるのは、
睡眠だけでは脳の中身は完全には整理できないのでは?と思っています。
 
 
特に睡眠が短くなりがちな日本の人は特に・・・
 
 
 
 
ちゃんとした思考を作り出すためには、
脳の中を掃除して、考えるための準備をするのが大切です。
 
 
 
頭の中に溜まりきっている情報をとにかく吐き出して、混沌状態を整理すること。
 
 
 
そのための方法論が、ブレインダンプになります。
 
 
 
 
 
 

ブレインダンプのやり方

 
 
 
ブレインダンプのやり方はめちゃくちゃ簡単でシンプルです!
 
 
 
 
基本的なやり方は、
 
 
 
 
1.付箋、もしくはA4のまっさらな紙を用意
2.簡単なテーマを決めて、5分時間を決めてタイマーをセット
3.時間内とにかく浮かんだことを手を止めずに書き続ける
4.頭がすっきりするまで、書き出し続ける(没頭する)
 
 
 
 
こんな感じです。
 
 
 
 
 
とにかく大事なのは、手を動かすことだけ集中する。
えーっと、とか悩まなずに手を動かしていくことだけに意識を向けること。
 
 
 
PC等で書き連ねるという人もいますが、手書きでやったほうが頭の中がよりすっきりする感覚があります。
 
 
手書きというほうが、自分の経験では効果が高いと思っています。
(科学的根拠はわからないので、もし知っている方がいたら教えてください!)
 
 
 
 
とにかく、身体(手)を動かす。
時間制限の中で、それだけに没頭してみてください。
 
 
 
数は最低でも50~100個書き出すことを目指してみてください。
思っているよりもきついです笑
 
 
 
 
 
 
 

不安を感じている/目標が見えない時に効果的。モヤモヤしたら書いてみる。

 
 
 
 
 
 
「言葉にできる」は武器になる。
 
 
 
では、このブレインダンプは「内なる言葉」を深めていく最初の段階として取り上げられています。(具体的なノウハウとしては載っていませんが)
 
 
 
 
ここで書き出したばらばらな言葉を整理して、内なる言葉の深化につなげていくわけですが、このノウハウはストレスを感じてる時にもめちゃくちゃ効果的な方法です。
 
 
 
 
だいたいストレスを感じているときは、漠然と課題が見えていないから悩んだり不安を感じてしまうものです。
 
 
 
 
ゼロ秒思考のノウハウの実践によるメリットと同じですが、
とにかく目の前に書き出すことによって課題が明確になることで、前向きに課題に取り組む姿勢が生まれてきます。
 
 
 
 
 
なんか漠然とした不安がある・・・
目標が見えてこない・・・
 
 
 
 
そういう時に、ストレスを解消するために利用するのもとても効果的です。
 
 
 
 
 
用意するのは、紙とペンとタイマーのみ!
ぜひ、取り組んでみてください!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回はこの辺で。
ありがとうございました!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です